訪問リハビリマッサージ 柏原市、八尾市、藤井寺市でご好評頂いております  あるぷ治療院

目指していること

目指していること

 地域に密着した治療院

 法律や通達によってマッサージ師は、事務所から16km未満の地域まで治療に行くことが認められています。

 患者さんの負担を小さくします

施術費(交通費を含む)は2km増えるごとに1回あたり800円高くなります。

なるべく近くの治療院を選べば患者さんの負担は小さくなります

 保険者の負担も小さくします

国家財政が赤字で逼迫しているため、国民健康保険も広域連合も予算はそんなにありません。

なるべく近くの治療院を選べば無駄な出費を抑えられます

 地域密着 4km未満の範囲

‘自分が責任を持ってマッサージできる範囲’=‘夜中にマッサージを頼まれてすぐにいける範囲’

と考え、どれくらいの距離か考えてみると4km未満の範囲だろうと思います。

それで、私の治療院は‘4km未満’の範囲で地域に密着したものにしようと思います。

その範囲は柏原市、藤井寺市は全域入りますが、八尾市は南半分(JR八尾とJR久宝寺の間まで)になります。

 

 地域の医療ネットワークの一員

‘ケアマネさんからマッサージ師に患者を紹介したのだけれど、主治医に同意書を書いてもらえなかった。’と、時々聞きます。

厚生労働省からは、依頼があったら同意書を書くようにと通達がでているのですが。

仕方ありません。お医者さんの過去のできごとやしがらみなどが、同意書を書くことを邪魔したのでしょう。

一方、非常にマッサージに理解があるお医者さんがいらっしゃいます。
また、忙しいにもかかわらず診察室からでてきて私のようなマッサージ師に挨拶をしてくださるお医者さんもいます。

人間的にみてもすばらしい。(一方的な見方かもしれませんが・・・)
‘先生と名の付く職業は非常識’といいますが、こんな謙虚な方もいらっしゃるのかと感動すら覚えます。

こういう先生の医院はどこも満員です。(本当ですよ。)
患者さんもよくそこは分っていらっしゃる。

こんな先生を中心とした地域の医療ネットワークの一員になれたらと考えます。

医者・看護師・PT・OT・ST・MSWの医療スタッフと
ケアマネ・社会福祉士・介護福祉士・ホームヘルパーの介護スタッフを中心に
家族・行政職員そして友人・地域住民が足らない部分を補いあいながら、患者の生活再建を、そしてできれば社会参加を促していく、

そういう地域の医療ネットワークのリハビリテーション構成メンバーになれればと頑張っています。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional